2011年3月15日火曜日

震災5日目 被災地は雨や雪。
真冬のように寒さが厳しく、水や食糧・毛布だけでなく
ガソリンや灯油などの燃料・衛生生活用品の不足が叫ばれている。
多くの避難所があり、物資は行き渡っていない。

原子力発電所を多く抱える我が国。
どこで起こってもおかしくない現実。

首都圏スーパー等の過剰な購入。
冷静に行動してほしい。

92時間を超えて救出されたという70歳の方
まだ、助けられる命があると信じてる。
自衛隊を始め、海外応援レスキューの方々どうかお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿