2011年2月8日火曜日

タイいろいろの3

DOI TUNGDOI TUNG COFFEE
タイ王室、メイファールアン財団が行う貧困および麻薬撲滅のための取り組み
「ドイトン・プロジェクト」によって栽培されたコーヒーです。
ドイトンは、かつてケシの一大生産地であった場所に位置(タイ、ビルマラオスの国境沿い)。
アカ族やミャオ族など多くの少数民族が急峻な山間に暮らしている土地です。
麻薬栽培は村人への麻薬中毒を蔓延させ、貧困や暴力、人身売買の問題がありました。
1988年から現国王の母君ソンワーン皇太后のもと、ケシ栽培からコーヒーやランなどの
換金作物への転換、陶芸や観光地化などを合わせた支援策を行ってきました。 
メイ・ファー・ルアンとは「天から舞い降りてきた天使」という意味。
国中を飛びまわって貧しい人々や不遇の人々に尽していたソンワーン皇太后の愛称です。
ソンワーン女史亡き後も王室ファミリーが牽引し、現在この活動は国連を通じて
ミャンマーやアチェ、アフガニスタンなどにも広がっているそうです。
DOI TUNGの工場を発見
工場見学 機織り機にて手作業で作られる布製品

0 件のコメント:

コメントを投稿